2021-07-25
Breaking News

精神科の看護師は自身のストレスケアも大切

精神科を訪れる患者はさまざまな問題を抱えているため、話をしっかり聞いてから対応しなければなりません。傾向としては、簡単には解決できないような問題を抱えているケースが多いです。治療が長期に及ぶ場合は、一人の患者と長い期間接することになるのが難点となります。
このような場合によくある問題は、相手の心情に寄り添いすぎて、自分まで心を病んでしまうケースです。
適切な治療を施すためには、相手の状況をきっちりと把握しなければなりません。その際、患者の個人的な事情に深く踏み込むことになりますが、親身になりすぎると看護師の心が病んでしまうのが問題です。

精神科の看護師には、患者の状況を把握しながら適切な言葉をかけていく能力が求められます。精神的に疲労しやすい仕事であるため、ストレスを溜めこんでしまうと大きな問題になりやすいです。患者の辛い話や悲しい話を聞く時は、しっかりと自分の心の健康を考えながら治療に臨まなければなりません。

それでも精神科で働き続けたいなら、ストレスケアの方法をいくつか考えておくことが重要です。
ケアの方法は、休日にどこかへ遊び行くといったありふれたことでも構いません。自分が心から楽しめる何かをたくさん見つけておくと良いでしょう。
長時間勤務が続く場合は、短い時間でもストレス解消ができるようなことを探すのがポイントです。例えば、同僚の看護師と休憩時間にお喋りをしたり、スマートフォンのアプリで遊んだりなど、息抜きになるようなことを見つけましょう。
自分の悩みを人に相談するのも効果的です。一人で抱え込んでいると悪い方向にばかり考えてしまうため、愚痴を聞いてもらったり他の人から意見をもらったりすることも時には大切です。